整形外科

肩こりや五十肩、膝・腰などの痛みに対し、投薬や注射による痛みの緩和、リハビリにて日常生活動作へのアプローチをしております。特に、膝や股関節などの手術を行い退院された患者さんへの治療に力を入れております。

 

※火曜日午後は義肢装具士が一人一人に合った装具を作製しております。

PRP-FD(PFC-FD)(血小板由来因子濃縮物-フリーズドライ化)療法

 ひとが生まれながらに持っている、自然治癒力を利用した治療法です。

新しい選択肢として注目されており、スポーツ選手が導入していたり、大学病院で多くの膝関節治療に用いられているのが「PRP療法」です。血液の細胞成分から血小板を多く含んだ成分だけを取り出したPRPを傷ついた箇所に注入。血小板に含まれる「成長因子」の働きを利用して、細胞の成長や増殖を促します。

「PFC-FD療法」は、厳格な管理がなされた施設で加工された「成長因子」を使う治療です。患者様ご自身の血液からつくられたPRPを特殊な技術でさらに濃縮させて血小板を活性化し、より多くの「成長因子」を関節内に注射することで、痛みを和らげたり、損傷部位の機能改善をめざします。

 

自費診療となります。詳細は院長までご相談ください。